紛争に強い就業規則

就業規則は簡単に自作できますが、会社を守れる内容かどうか

就業規則は、インターネットから簡単にダウンロードできます。

しかし、ダウンロードした就業規則が会社に合っているのかどうか、会社を守れるものなのかどうかは、また別の話です。

労務トラブルが発生したときや問題社員に対応する必要に迫られたとき、拠り所となるのが、就業規則です。

就業規則の不備が原因で、労務トラブルが、火に油を注ぐようなことになってしまったり、問題社員に適切に対応できず、現場が困惑してしまったりというのは、実は、よくある話です。

しかし、ただ単に「労務トラブルに対応できる」「問題社員に対処できる」だけの就業規則でよいのでしょうか?

労務トラブルだけではない、紛争に強い就業規則が必要

京都フォレストでは、紛争に強い就業規則を作成しております。

裁判になったときは、必ず「就業規則の内容は、どうなっていたのか」が争点になってきます。

だからこそ、就業規則をきちんと整備し、リスク回避する必要があるのです。

京都フォレストの就業規則は、これまで数々の労務トラブルを、訴訟を回避しながら解決してきた実績とノウハウが、ギュッと詰まった就業規則です。

単なる“職場のルールブック”ではない、企業防衛のための活きた知恵と経験を、オーダーメイドでご提供します。

また、裁判となったとき、「就業規則を作成していた」という事実のみでは、非情に不利になります。

就業規則の作成においては、「従業員へは周知していたか」や「実状にあっているか」も大きなポイントです。

私どもでは、万が一のトラブルも想定し、「作成だけして、後はお任せ」ではなく、後々の訴訟の可能性も踏まえたアドバイスも行っております。