労務トラブル予防と未然の対応

労務トラブルは、本来、発生してしまってから対処していたのでは、手遅れです。

例えば、未払いの残業代の請求などのトラブルが発生した場合、ある程度の対処は可能であっても、(サービス残業をさせている事実があれば)残業代を支払わなくてはならないケースがほとんどです。

では、どうすれば、労務トラブルの発生を未然に防ぐことができるのでしょうか。必要なことは、大きく2つあります。

一つは、社内のルールをきちんと設定し、周知すること。具体的には、裁判にも耐えうるレベルの就業規則を整備し、周知の手順・手続きをきちんと踏まえることです。

よく就業規則を作成しただけで良しとしているケースがありますが、それだけでは裁判になったときに勝てません。作成した後に、どうするのかも大切なポイントです。

もう一つは、社内の風通しをよくすること。社内のモラルアップと言っても良いかもしれません。

たとえば、交通事故予防をお考えください。交通ルールの罰則を厳しくするだけでも、方やマナーアップだけでも、交通事故はなくなりません。ルールとモラルの両方を向上してこそ、効果が上がるのです。

京都フォレストでは、トラブル発生を未然に防止することを何よりの目的とし、最悪の場合(トラブル発生)も想定した体制づくりのサポートをいたします。

労務トラブルが起こる前の未然の対応について

京都フォレストでは、労務トラブルが起こらないようにサポートしています。

労務トラブルのケース別に事例を紹介いたします。