メンタルヘルスへの対応

近年、メンタルヘルスに問題を抱えている社員が急増していますが、どのように対処すればよいのかわからないと、お悩みの経営者も多いようです。

実際、多くの経営者が頭を抱えていらっしゃるのが、次のような問題です。

  • 度重なる遅刻、欠勤
  • 今までできていた業務量がこなせなくなっている
  • 休職と復職を繰り返す
  • 接し方がわからない など

経営者には、社員に対して、健康かつ安全に働く環境を用意しなければならないとする安全配慮義務があります。

メンタルヘルス不調を放置したことにより、病状が悪化したり、最悪の場合、自殺してしまったりした場合、何より、本人にとって大変不幸な事態です。

また、会社にとっても、安全配慮義務違反が認められれば、多額の賠償義務が発生することもあります。

しかし、現実には、多くの経営者は、メンタルヘルスに関する知識がほとんどありません。

メンタルヘルス対策について知識や経験のない経営者様にとって、充分な対策を講じていくのは、極めて荷が重い課題だと言えるでしょう。

一般的に、メンタルヘルス対策というと、心理カウンセラー等を想像されることが多いかもしれません。

しかし、企業としてメンタルヘルス対策を労務問題と捉えた場合、人事労務の専門家に相談した方が適切かと思います。

本人の治療等はドクターやカウンセラーが担当し、企業としての対応は、社会保険労務士が担当する、といった役割分担と連携が必要です。