問題社員への対応

近年、「問題社員」や「ローパフォーマー」「ぶら下がり社員」「ゆとり社員」「シュガー社員」への対応を迫られる企業も多くなってきています。

高度成長期のように、日本経済が右肩上がりの成長を続けており、終身雇用が当たり前の時代であれば、こういった社員は問題にされませんでした。

しかし、現在では、社員一人ひとりの生産性を上げていかなければ、厳しい生存競争に生き残っていくことが難しくなってきています。

必然的に、こういった「問題社員」「ローパフォーマー」達には、何らかの対策を講じる必要が出てきています。

問題になる社員の特徴

  • 協調性がなく、自分勝手な言動で、組織秩序を乱す社員
  • 明らかに能力が不足しており、いくら指導、教育しても一向に改善しない社員
  • 同僚や後輩をいじめたり、仲間はずれにする社員
  • 配置転換を拒否する社員
  • 残業代目当てで、だらだら残業をする社員
  • 顧客情報など、会社の機密情報を持ち出す社員
  • セクハラやパワハラを行う社員など

問題になる社員への対処方法

こういった「問題社員」「ローパフォーマー」達に対して、どのように対処すべきなのか、京都フォレストでは、以下を踏まえて、アドバイスさせていただいております。

  • 労働トラブル発生リスクを最小限に抑える社員採用時の実務的ポイント
  • パワハラと言われない注意指導のポイント
  • 懲戒処分を行うステップ
  • 懲戒処分を行うステップごとのポイント